コミュニケーションについて⑤四条件を満たさぬ者の訓練

by

(1) 冷静に話す訓練をする。それができるまでは文書で意見陳述する。
(2) 順序立てた言い方をする訓練をする。言いたいことを箇条書きにしてみる。
(3) 話の構成を目的、目的達成のための手段、具体的方法の提案、結果予測をシュミレーション、結果と再検討の順番に述べる。

目的が同じでも、達成手段が異なれば、正反対の方法を提案することもありうる。たとえば、利益は売上高からコストを引いたものであるが、利益を上げるには、売上高を上げる方法と、コストを下げる方法とがある。もしも売上高をあげても、それ以上にコストもかかれば利益は増えない。売上高はわかりやすいが、コストには材料費、人件費、建物維持費、水道ガス電気代、冷暖房光熱費、宣伝広告費、税金等までがふくまれ、なかなか正確につかめない。だから何か新しいことや変革を遂げようとするとき、事前調査が重要なのである。それには正しい議論を進め、多くの人の知恵を結集しなければならない。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です