研究所について





なぜ設立したのか

当研究所は、京浜病院理事長である熊谷賴佳先生が開発した「熊谷式3段階ケア」に代表される熊谷式認知症治療方法を研究し、かつその成果を広く世の中に敷衍するために2016年6月に設立された一般財団法人です。当研究所では、京浜病院・新京浜病院の臨床に基づく認知症の治療方法の研究を行い、多くの学会や研究会で発表する他、その成果を講演や出版あるいは事業協力などの様々な手段を通じて広めて行きます。

私たちが作る実現可能な未来

認知症の予防方法を研究し、認知症になりにくい世の中を実現していきます。また、認知症テストや診断メソッドの開発を通じて、認知症が進行する前に認知症の診断を適切に行える医療環境を整えます。さらに、認知症に罹患した後も、たとえ根本治療が困難であっても、暴言や徘徊といった介護において大きな負担になる周辺症状を「熊谷式3段階ケア」によって緩和することで、日常生活の維持を可能にするとともに、家族と穏やかに暮らせる未来を作って参ります。

私たちのミッション

脳神経外科の知見と認知症治療の臨床の両面から、認知症の研究を進めます。当研究所は病院の臨床と表裏一体であり、臨床において成果のあるメソッドをいかに他の医療機関で応用できるかということに注力して参ります。また同時に、医療関係者だけでなく、一般の方へも講演や出版を通じて認知症への理解を進めて参ります。




当研究所の特徴


研究所の特徴1

当研究所は、熊谷理事長を支える大田区の中小企業の事業者が中心となって活動している財団法人です。事業と医療とは一見距離があるように見えますが、当研究所では医工連携や事業連携を積極的に進めていくことにより、開かれた財団法人を目指しています。


研究所の特徴2

当研究所は、研究機関でありながら臨床と表裏一体です。京浜病院・新京浜病院を母体とし、その臨床課題や成果をダイレクトに研究に活かすことが出来る非常に画期的な研究環境にあります。従って、当研究所が発するメッセージは常に認知症治療の最先端かつ最前線の情報です。

理事紹介


熊谷頼佳

熊谷頼佳

理事長

慶応義塾大学医学部卒業後東京大学医学部脳神経外科学教室に入局。東京警察病院脳神経外科、東京大学医学部付属病院脳神経外科、都立荏原病院脳神経外科、自衛隊中央病院脳神経外科、寺岡記念病院(広島県芦品郡)脳神経外科勤務を経て昭和59年京浜病院に勤務する。平成4年に京浜病院院長に就任し現在に至る。平成28年現在一般社団法人蒲田医師会会長、日本慢性期医療協会常任理事、日本医師会代議員を務める。


南雲晃彦

南雲晃彦

副理事長

昭和医大卒。前蒲田医師会会長。ナグモ医院院長


藤田憲彦

藤田憲彦

理事

東京大学法学部卒業。元衆議院議員。京浜病院顧問。


お気軽にお問合せください。

書籍や講演のご案内などのお問合せはこちら