Blog


ちょっと気になる話⑦スサノオノミコト

スサノオノミコトはイザナギノミコトから生まれた。親神は一柱である。にもかかわらず、スサノオノミコトは母親のイザナミノミコトを恋しがって泣いた、と古事記には書かれているこれはおかしな話だ。本当は、姉や兄に任された世界に比べて、自分は陸地のない海であることに不満をぶつけたのだろう。そしてついに、高天原で暴力事件をおこし、天照大神の従者を死なせてしまう。これに立腹した姉は、弟を追放し、自分は天岩戸に隠れた、とされている。しかし古事記とよく読むと、そうではなく、追放されたスサノオノミコトはすぐに高天原に戻ってきて、姉を和解し、子供を産もう、と提案している。ここで五柱の男神と三柱の女神を産んでいる。ここ...

Continue Reading

Continue Reading

ちょっと気になる話⑥イザナギから生まれた三神

イザナギノミコトは地上を治める神々を一柱で産む。最期に左目から天照大神、右目から月読命、鼻から須佐之男命を産む。彼らが日本神話の中で最強の三神になる。天照大神には高天原を治めさせ、月読命には夜の世界を治めさせ、須佐之男命には海を治めさせた。高天原は神々の住む所ではあるが、さらにその上に上位の神が存在する。天之御中主神アメノミナカヌシノカミ、高御産巣日神タカミムスヒノカミ、神産巣日神カミムスヒノカミを上位三神、さらに宇摩志阿斯訶備比古遅神ウマシアビカビヒコチノカミ、天之常立神アメノトコタチノカミを加えて五神、さらに国之常立神クニノトコタチノカミ、豊雲野神トヨクモノカミを加えて七神を天と地の全てを...

Continue Reading

Continue Reading

ちょっと気になる話⑤イザナギ・イザナミ

イザナギ・イザナミの二柱の神は、日本列島に降り立ち、国造りを開始した。ギとミと呼ばれる神は、神話上初めて男女の性行為により子供を産む。柱の回りをぐるぐると回る、という記載になっている。イザナミは火の神を産んだ時、会陰部を火傷して死ぬ。しかし神の子が神の子を産んで死ぬものだろうか。多分胎盤残留による産褥出血によりDICを引き起こしたのだろう。その光景が血だらけなので、火の神を産んだ、と表現したのだと思われる。 ちなみにイザナという音は、イザヤに通じる。イザヤとは、イサクというノアの子孫の名前に由来する、ユダヤ教にちなんだ名前である。イザワ、イサワ、ユザワも同様の語源を持つ音である。日本神話には古...

Continue Reading

Continue Reading

ちょっと気になる話④天地創造神話

旧約聖書には、神が人を創る前にどのように創ったかわからない大地に、りんごの木と蛇がいる。神が自らの姿に似せて創った傑作である人間の肋骨から、イブという女性を創る。二人は蛇にそそのかされて、禁断の果実りんごを食べ、エデンの園から追放される。なぜ、食べてはいけないようなりんごの木をわざわざ植えたのか、神が創造した蛇が、神が創造した人間をそそのかすのは、神の行為としては、きわめて不完全ではないか。 一方古事記には、天から神の子が降りてきて、混沌とした大地をかき回し、そのしずくが矛の先から垂れて、日本列島ができる。そこに神の子が降臨する。アメノミナカヌシノミコトからイザナギ・イザナミノミコトが誕生する...

Continue Reading

Continue Reading

ちょっと気になる話③富士のつく地名

江戸時代、富士見坂、富士見が丘という地名はいたるところにあった。千駄ヶ谷富士のような〇〇富士という地名は300箇所以上あるという。富士山を拝むと、不死身になると信じていたらしい。同じように日本全国に鶴見という地名がある。横浜と大阪は有名だ。鶴は北国の渡り鳥であり、南の地に現れることはない。古代日本は今よりも暖かいから、なおさら大阪に鶴が現れるはずがない。では何を見たのか。鷺を鶴と間違えた、というよりも当時の人々は本物の鶴を見たことがなかった。真っ白い鳥を鶴と勘違いした。高級品だと偽って、ニセモノをつかませる行為を詐欺というが、語源はサギから来ている。

Continue Reading

ちょっと気になる話②高天原

誰もがあこがれるが、容易には近づけない場所、それが富士山だ。そこに神が居られる、と昔の人は想像した。富士山の頂上、そこが高天原だ。しかし、大和朝廷が樹立し、天孫降臨神話が創られると、富士山に人が降り立つためには、あまりにも荒涼として現実的でない。そこで天孫降臨の地として宮崎県の高千穂が選ばれる。弥生人がやってくる前の日本、つまり縄文人たちの間では、山岳信仰が一般的だったのだろう。浅間山、御嶽山、白山、鳥海山等々が信仰の対象となっていた。山伏は日本古来の信仰形式であった。

Continue Reading

ちょっと気になる話①富士山

日本中、特に東日本には富士の名前が付く地名が多い。富士見台、富士見橋、富士見が丘はどこにでもある。昔の人は漢字が書けない、だから「ふじさん」という音で聴いていたはずである。「ふじ」という音にはどんな意味があるのか。古文書には、不二、不似、不死、布士、不尽、という漢字が当てられた。この当て字からみて、富士山に対するイメージが、二つと同じものがない、並ぶものがない、永遠不滅にあったことがわかる。富士山はコニーデ型成層火山である。円錐形の美しい形態は富士山だけの特徴ではない。火山が形成される過程にできる。しかし周囲に並ぶ山々がまったくなく、3776mという高さを誇る山は世界中を見回しても他にない。か...

Continue Reading

Continue Reading

ちょっと気になる話0西行法師

「願わくは 花の下にて 春死なむ その望月の 如月の頃」 西行は、佐藤義清(のりきよ)で宮廷を警護する北面の武士だった。平清盛の親友であったが、四歳の娘を足蹴りして出家する。 「世を捨つる 人はまことに 捨つるかは 捨てぬ人をぞ 捨つるとはいふ」 出家とは、俗世との交流を断つことである。本当に浮世のしがらみを捨てたのか。捨てきれない人ほど、口では捨てたというのではないか。坊主になったからといって、俗世のしがらみを断ち切れるわけでもない。出家という形式にこだわった自分への悔悟と反省の念が見てとれる。

Continue Reading

21世紀、未来を語る㉒大企業病

大規模病院になれば、スケールメリットを享受できることは間違いない。一括購入・一括仕入れによるコスト削減である。事務管理等の共通費用も節約できる。しかし、いいことばかりでもない。規模が大きくなると大企業病に罹る。すなわち、親方日の丸的な公務員気質が染みつく。気位ばかりが高くなり危機感が薄れる。意思決定が遅くなり、誰かがやると思い込み、いつも他人のせいにして、自分ひとりやらなくても病院は潰れないと過信する。そこにまた新しい大手の病院が参入し、淘汰されていく。M&Aが盛んに行われる。たとえ民間病院になっても、激しい競争にさらされることに変わりはない。企業の寿命は20年と言われる。病院経営も20年周期...

Continue Reading

Continue Reading

21世紀、未来を語る㉑民間中小病院

100床以下の中小民間病院にとって、2014年度医療報酬改定は死刑宣告にも等しかった。7対1看護のまま高度急性期病院にとどまることが難しくなったばかりか、10対1看護へ移行しても2016年度には、医療報酬改定で在宅復帰率や平均在院日数に厳しい制約が加わることは間違いない。さらに看護基準を下げて、13対1の地域包括ケア病棟を取得しようとしても、6.4平米以上の病室面積の確保、リハビリ室の確保、食堂談話室の確保、理学療法士の確保等が必要になる。これでは病室数が激減してしまう。これからはどんな形態の病院をやるにしても、ある程度の面積が必要になる。そうでなければ病院ではない、という考え方が厚生労働省お...

Continue Reading

Continue Reading

1 / 2412345...1020...最後 »